2015年04月23日

日経平均株価が2万円に

昨日(4月22日)、日経平均株価が終値で2万円を突破し、20133円90銭をつけた。2万円台は約15年ぶりで、ITバブル時の2000年4月14日以来である。4月23日の日本経済新聞の第一面でも、主要国の金融緩和で生まれた潤沢な投資マネーが日本に流れ込んでいることにより、株式市場の新陳代謝が進んだと紹介されている。今回の株価上昇のけん引役となったのは、トヨタ、三菱UFJ、ソフトバンク、JT、ファナックなど、自らの努力で企業価値をを高めた銘柄だそうである。

今日も株価は順調に推移しており、午前10時半現在、20217円と前日の終値を上回っている。この3日間、天気も良く、過ごし易い日が続いており、気分爽快である。

アベノミクス効果で株価はこの2年半で2倍に上昇した。日本企業が積極的に経営効率を追求し、株主を重視した経営に転換していることが外国人投資家に評価されたのである。しかし、専門家の間では、これからの株価については、慎重な予想が支配的である。しかし、個人的には、株価が年末には2万5千円、来年の4月には3万円に達することを期待している。
posted by マック at 10:41| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする