2014年06月18日

春を背負って

昨日、阿倍野のアポロシネマで、木村大作監督、松山ケンイチ主演の映画「春を背負って」を観てきた。自然を愛する私にとっては、興奮の連続の映画で、日本の山の見事さに感動した。

舞台は立山連峰の大汝山であり、昔から一度は行ってみたいと思っていた場所である。まだ訪れたことはないが、映画でもその美しさを堪能できた。

木村監督は一流のカメラマンで、そのカメラマンが作った映画なので、立山の四季が見事なまでに映画に反映されており、映画の内容もよかったが、景色に圧倒され続けた2時間であった。主演の松山ケンイチだけでなく、蒼井優や豊川悦治もすごく良い演技をしており、非常に印象的だった。
posted by マック at 15:22| 大阪 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする